タイトル2013-a

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本のようにあたたかく、やわらかい唄

  • CATEGORY日記
  • PUBLISHED ON2009/ 09/ 24/ 14:36
  • COMMENT1
いなっせポスターA4


いよいよ明日です!!

深瀬人寛コンサート
~絵本のようにあたたかく、やわらかい唄~

改めて詳細を載せます!

とても力を入れているコンサートです!!

実は三ヶ月ほど前より、この企画がスタートして、
深瀬さんと共に準備を進めてまいりました。

しかし、この三ヶ月間、体調を崩したり、怪我したり、頭がモヤモヤしたりで、
正直かなり不調で、自分の不甲斐なさや駄目さにさいなまれた期間でもありました。

あまり準備に力が入らずに、深瀬さんにばかり負担がいってしまいました。
なんだか申し訳がありませんでした。

深瀬さんにはこれまで本当に多くのことを学ばせていただき、また経験をさせていただきました。
本格的なギターのお仕事をはじめて下さったのも深瀬さんです。
これまで深瀬さんのサポートを通じて様々な場所やステキな人に出会い、経験値を積ませていただきました。

それなのに、僕はろくすっぽ感謝もしていなかったように思えます。

なので僕は明日、今までの感謝の気持ちを込めて演奏したいと思います。
主役の深瀬さんを引き立たせるようなギターを弾きたいです。
そして思いっっっっきり楽しみたいと思います!!!

実は前座で2曲ほど歌わせていただきます!

明日の夜、時間のある方は是非!

深瀬人寛氏の曲を彩るスーパーなサポートメンバーの共演もかなりの見所です!

■2009.9.25(金)
■いなっせ6Fホール(伊那市生涯学習センターホール)
■一般\1,500-/中学生以下\500-(当日一般\2,000-/中学生以下\700-)
■開場19:00/開演19:30(全席自由)
■チケットのお申し込み・お問い合わせは
オサカミツオに直接。(sweet-music320@hotmail.co.jp)
または
0265-78-5801(伊那市生涯学習センター事務室)

メンバーの紹介
★深瀬人寛(フカセ・ヒトヒロ):ヴォーカル・ピアノ
1981年5月2日長野県上田市生まれ。
19歳でジャズと出会いピアニストを志す。25歳から作詞作曲を始める。
彼独特の視点で切り取られる日常は、角のとれた積み木に触れてる様な柔らかさと
麻の布を身にまとう様な心地よさを感じさせてくれる。
日々の忙しい生活や、仕事のスイッチを少しの時間オフにしたくなるそんな時に、そっと寄り添う音を紡いでくれる。
http://www.fukasehitohiro.com/
第9回平安堂サマーコンテスト グランプリ受賞。
テレビ信州 報道ゲンバ エンディング曲『手紙』(2008年1-12月)
NAGANO冬の祭典出演(2008年2月テレビ信州)

★オサカミツオ:ギター・コーラス
1984年8月8日生まれ、長野県伊那市出身。
14才の時、兄の影響でギターを始める。15才の時、山崎まさよしの音楽に衝撃を受け、作詞・作曲を始める。
その後、ジャンルを問わず個性的なアーティストに多大な影響を受ける。
平行して様々な形態のバンドやセッションを数多く経験する。
様々な活動・経験を経て、進化し続ける、職人系ミュージシャンである。

★横川忍(よこかわ しのぶ):ドラム
1973年生まれ、福島県出身。
高校時代よりコンボジャズを中心に演奏活動をはじめ、大学時代には東京近辺へ活動場所を移す。
在学時代には、”岩瀬立飛”氏に師事し、単に技術だけでなく、その音楽感にも大きく影響を受けた。2004年、活動の拠点を諏訪、松本周辺に移し、ジャズにとどまらずロック系のバンドに参加して、その活動範囲を広げている。

★鈴木秀寿(すずきひでとし):ベース
17歳の時、同級生に誘われてへヴィメタのカヴァーバンドにドラムで参加する。
高校卒業後、東京の美容師専門学校へ入学・上京。
学校在籍中、参加したR&Bバンドのベーシスト兼コンポーザーに憧れて、ベーシストに転向。
23歳のとき帰省し、AddRiff(アドリフ)というセッションバンドに参加。
地元の長野市、上田市で精力的にライブ活動をおこない、東京、高崎などでも度々ライブ活動を行う。
2004年には、長野県最大級のフリーフェス、上田ジョイントに出演。
ロック、ファンク、ジャズ、ダンス、クラブ、ラテン・・・と節操無く音楽を聴き漁った結果、自身の雑食的音楽性が急発達し、型にはまらない独自のプレースタイルが誕生した。

★太田裕士(おおたひろし):サックス、ピアノ、鍵盤ハーモニカ
プロフィール1975年生まれ、長野県上伊那郡宮田村出身。
5歳よりピアノ、15歳よりアルトサックスを始める。
慶応大学在学中よりプロとして活動を開始、都内ジャズクラブを中心に、小沼ようすけ(Gt)とのデュオ、吉田正弘(Ds)バンド他、国内外の様々なミュージシャンと共演。
’03年 クレシアのCMソングとして自身によるサックス2重奏が使用されるなど、ジャズ以外にも様々な活動をこなす。
現在は故郷の長野県に住まいを移し、ジャンルの枠を超えたオリジナルな音楽世界を追求している。

★近藤聡(こんどうさとし):ヴァイオリン
4歳よりヴァイオリンを始める。石井尚子、三原明人氏に師事。
信州大学交響楽団在学中はコンサートマスター、学生指揮者を歴任。卒業後は後輩の指導にあたっている。
長野オリンピック開会式にてTheBoom宮沢和史、久石譲氏と共演。
長野県内を中心に全国各地で活躍中。

写真は最終リハ
untitled.jpg

- 1 Comments

ショウタロウ  

明日頑張ってね~!

絶対に行くよ!!!!



Youtubeかっこよかったぜ!!!!!

2009/09/24 (Thu) 20:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。