タイトル2013-a
スポンサーサイト
------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アストロノーツについて
20071001
アストロアー写web3-02mita



ここは、今まで謎のベールに包まれていた

アストロノーツの情報や、プロフィールなどを

解き明かしてゆくページである。

下へスクロールしてください。






月のジャケットweb-01

2nd mini album 「月」がついにできました♪

4曲+ボーナス2トラック入り1000円!

収録曲
1. 月
2. ジョーンズ
3. サイダー(the sing 2 YOUのカバー)
4. ダブリン

<ボーナス>
5. 百聞はリッケンバッカー
6. ジョーンズ -8bit Remix-

各ライブ会場にて絶賛発売中!



NEXT LIVE
未定

アストロノーツとは?

長野県長野市のライブハウスIndia Live the Skyを中心に活動する、
ボーカル:三田泰(静岡出身)とギター:オサカミツオ(長野県伊那出身)
による、二人組のユニット、もとい、奇跡の遠距離ユニットである。

三田の歌声は、パンクロックで培った迫力と、包み込む様なあったかさを兼ね備え、
目を閉じて聞くと間違いなくイケメンだと評されるほど。
オサカのギターは、ソロの時とは違い、ギターに集中できる分、より自由で、且つ繊細で
目を閉じて聞くと間違いなくイケメンだと評されるほど。

ふたりの素晴らしき役割分担制度によって、単に戦闘力1万+1万の足し算ではなく、
戦闘力1万×1万=1億みたいな、そんなかけ算的ハイパー・クオリティが、
時折生み出されているような気がするのだが、さすがにそれは言い過ぎだ。
目を閉じて聞くと間違いなくイケメンな二人だと評されたいのだ。


○ヒストリー
同じ大学の同じサークルに所属していた縁で、
大学2年か3年の時に結成する(記憶が曖昧である)。

当時は、オサカの自作曲やカバーを演奏していたが、
次第にふたりで曲を作るようになる。

作詞を主に三田、作曲をオサカが担当する。

大学を卒業すると、三田は長野市の家具屋に就職し、
オサカは地元伊那に帰り、音楽活動を開始する。
それによりアストロノーツは活動休止となる。
しかし一年後(2007年)理由はともあれ復活する。
同時に1st自主制作CD「すてきおんがく」をライブ会場限定で発売。
県内のミュージシャンたちの間で少しずつ噂が広まってゆく。

それから、伊那市・長野市間、約100キロの遠距離ユニットとして、
あるがまま、なすがまま、思うがままに、地道に、いや、
ただただ地味に、ゆ〜っくりと活動を続けてゆく。

その間三田は、日々重い家具を運ぶことで身体を鍛え、歌唱力が増し、
一人暮らしの孤独や楽しさを経験することで精神を鍛え、作詞能力が増し、
また、日々お笑いDVDの研究と、お笑いライブへの遠征で、MC能力が増し、
オサカはソロの活動や、ミュージシャンのサポート等でギターの腕を磨き、
地方へのライブ遠征や、様々な出会いを通し、人間的・音楽的な幅を広げる。

こうしてアストロノーツは、ライブを頻繁にせずともパワーアップをし続ける。
がしかし、数年が経った現在も、お互いの仕事の都合や予定がなかなか合わず、
未だに2枚目のCDを発売できずにいる始末。
結果、陰で支えてくださる、ファンや仲間たちを長らく待たせ続ける。

堪忍袋の緒も切れ、というかあきれ果て、むしろ忘れ去られたであろう、昨今。


アストロノーツの今後はいかに・・・!!

追記
と思っていたが、ついに2nd mini albumを発売することになりました!

詳細はページの上のありますので、今一度お目に通してくださいね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。